転職情報で混乱する

ここ最近、超売り手市場と言われていて、求人も結構な件数がありますが、一方では大企業の45歳リストラも行われていて、情報に振り回されている自分がいます。

スポンサーリンク
スポンサー

売り手市場の理由

少子高齢化による人手不足

一つは「少子高齢化による人手不足」ですね。第二次ベビーブーム、私もその世代ですが、そこをピークに右肩下がりの人口推移になっています。

働いている世代のちょうど中央にいます。

現在働いている世代  総務省統計局「人口推計」
現在働いている世代  総務省統計局「人口推計」

10年後の2030年、人口のピークは無いので、第二次ベビーブーム世代が定年が視野に入ってくるあたりはまだあまり影響がないかも知れませんね。まぁみんなが働くという保証はありませんが。

10年後の働いている世代  総務省統計局「人口推計」
10年後の働いている世代  総務省統計局「人口推計」

第二次ベビーブーム世代が引退する20年後、2040年くらいになると、大量に働く人がいなくなることになりそうですね。

ただこれは長期的な話で合って、今求人をしたい理由だとしたらちょっと弱いですよね。新卒から育てたとして40歳くらいの中堅社員になっていると思いますが、働き方が変わっていったり副業だったり、1つの会社に人生を掛けるという働き方からは変わってくる時代なので。

2020年の東京オリンピック・パラリンピック

もう1つは、「2020年の東京オリンピック・パラリンピック」で人材需要が上がっていることがあります。

でも、もう今年ですよ?即戦力で働けたとして、オリンピック後の景気の低迷が噂されている中で、一時しのぎ的に求人しているのでしょうか?使い捨て?

社内の話

当社も求人をサイト上に出しています。まぁ来ない。

転職サイトだったら目に付くと思いますが、コーポレートサイトに掲載しても見ませんよね。そりゃ来ない。

ですが、私のチームに派遣社員を付けたく、派遣会社にお願いしたのですが、手ごろな人が紹介されないという事実。

IT系はIT系の会社に行ったほうが給料良いですし、スキルも見に付きますからね、情シスで働こうという物好きはあまりいないのかも知れません。

どこもかしこも人がいない。人がいないというのは、もう挨拶の一部になってます。。

同業者が、ITに前向きな感じなのでサイトの求人を見ているけど、なかなかハードルが高い。ずっと募集されているので集まらないのでしょうね。

転職サイトに登録してみると

いろいろな情報をいただけます。45歳での転職なんて以前は考えられなかったようですが、最近は何とか需要はある、、、と勘違いしてしまうくらい。

まだアポイントをとって面接等はしていませんが、求められているスキルが満たせない可能性が高く、応募するのにも躊躇してしまう。

私なんかで務まるかなぁ。

Yahoo転職を見ていると、募集はしているけどずっと募集されててほんとに採用しているの?と思うような会社が結構ある。

もしかしてダミー?サクラ?

ちゃんとしたサイトで探したほうが良いかも知れない。

憧れの戦略コンサルキャリアへ
応援お願いします
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 勉強しているサラリーマンへ にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 江東区情報へ
スポンサーリンク
スポンサー

フォローする

スポンサーリンク
スポンサー