転職フェア(2019年初夏)

2019年も今日で終わりですが、皆さんは転職について何か活動しましたか?

私は、某大手転職サイトが開催した転職フェアに行きました。

転職フェア
転職フェアは結構にぎわっていました

その時はブログを書いていなかったのと、今年の振り返りとして今更ながらに書きます。

スポンサーリンク
スポンサー

転職フェアに参加しようとしたきっかけ

もともといろいろ考えていたのですが、きっかけは夏のボーナスが下がったことでした。

これがみんなが下がっているのであれば、業績が悪くなっているということで仕方がないかな、と納得しますが、平均額は上がっていると。

となると、「評価が低かった」ということになる。頑張りが足りなかったのか。

くすぶっていたもの

情シス部長が交代して、部の運営方針が変わったことは根本にありました。

ほぼ外部委託の方針に切り替えました。他の会社でも外部へ委託することは多いと思うので、そんなに驚くことでもなかったのですが、部のビジョンが見えず行き当たりばったりの運営になり、社内の情シスの立場は弱くなり、頼られなくなっています。

システム化は、業務改善や生産性向上を担当する部署に業務が移管され、情シスはインフラとセキュリティ、全社的なアプリの運用に限定されていきます。こういう役割分担の会社は少なくないと思ってはいます。

ただ個人的には、情シスはもっと革新的に引っ張っていきたいと思って行動していましたが、実らず。

それがこのブログのタイトルでもある「転職か副業か 情シス部員は生き残れるか?オワコンと言われる情シスで考えるべきこと」というブログを書くきっかけになってます。

大リストラ時代

今年は、大手企業のリストラのニュースが目立ちました。しかも50歳台後半とかではなく、45歳以上という驚くべき年齢で。

私が今46歳。普通であれば業務の中心で部を切り盛りしていくような年齢で、リストラの対象になるのです。

しかもIT業界は人手不足と言われているのに。

そんなことから、会社の中で橋渡し役と事務処理しかしない情シスでは先が真っ暗と思っている矢先に、ボーナスが下がるというアクシデントがあり、今に至ります。今思えば、「働き方を考えさせられる好機」として考えられたのはラッキーだった。ザ・ポジティブシンキング。

会社は会社、やりたいことは副業。お金も副業でついてくると思う。肩書はいらないけど社長はかっこいい。スキルは自分で磨けば良い。

終身雇用が無くなりつつある現在、1つの会社に人生を書けるというのはすごくリスクがあることに気づかされた1年でした。

定年も関係なく楽しく働けるように!もう働くという概念ではないのかも知れませんが、自分の働き方改革を考えるきっかけになっています。

会社で生産性の上がらないダラダラ残業やパラサイト社員は、これからの時代困るかもしれない。

転職フェアの感想

東京ドーム付近のイベント会場で3日間実施されていましたが、仕事の都合上1日しか行けませんでした。会社から徒歩で行ける距離なので、ドラクエウォークをやりながら歩いたのを覚えています。

出展企業が、日によって違うんですね。もうちょっと計画的に参加できれば良かったと、ちょっと後悔。

次回は、事前に転職サイトで情報を収集してから参加しようと思います。

【キャリアパーク!就活エージェント!】

転職フェアは初めてだったので、受付でキョロキョロしながらバーコードの紙を渡して会場に。

会社は50社くらいですかね、小さなブースで私たちを迎えてくれていました。

ただブースが狭く、隣の会社とも近く、すごく窮屈な印象です。

すこしウロウロしましたが、人気のある会社は面談?で並んでいる状態。かと思えばガラガラなブースも。人気が無いみたいです。

とりあえずどんな感じか、人気のないシステム開発の会社のキャッチにつかまり話をすることに。

隣の人と近いから気になってまともに話せなかったけど、面接試験って感じではなく、世間話から転職動機や希望などを聞かれました。

最初にバーコードをピッと読み取られると、担当者の端末に私の情報が出てます。それを見ながら話しになるので、世間話と言いながらしっかり見ている感じは受けました。

面談で条件に悩む
面談で条件に悩む

結果的には、私の希望とは合わなかったのですが、一度会社に遊びに来てください(要は面談に来いってことか?)と資料や名刺など貰ってきましたが、連絡と取ることはありませんでした。

はじめてなので、これが好感触なのか社交辞令なのかはわかりません。

今回は様子見的に参加したので、面談は1社のみで帰ることに。

いや~本気の転活(転職活動)ではありませんが、緊張しましたね。

結構、周りの人は20歳台から30歳台が多く、男女はあまり関係ない感じ。

みんなリクルートスーツを着て、、、ん?学生の就職活動か?と。

絶対、実際は年齢的な差が面談の結果にでてくるんでしょうね。転職するとなると、年齢をカバーするようなスキルや実績が必要になってくるんだろうな~と実感することが出来て良い転職フェアでした。

という訳で、最初の転職活動報告です。

スポンサーリンク
スポンサー