RPAよ、勝手に止まるではない

RPA導入に途中から関わり、社内に展開してきたわけですが、まぁよく止まります。そんな中でも、「なるほどね」ということがあったので共有します。

スポンサーリンク
スポンサー

RPAとは

このページを見ている方はRPAはご存じかも知れませんが、「Robotic Process Automation /ロボティック・プロセス・オートメーション」の略語で、ホワイトカラーのデスクワークを、パソコンの中にあるソフトウェア型のロボットが代行・自動化する概念です。

と、会社の中では、「”概念”なんですよね。システムが自動でやってくれますよー的なツールはRPAと広義には言えますね。」と説明しています。

新しいものに拒否反応する方たちはどうしても一定数いますので、「新しくないですよ、Excelマクロの機能拡張版みたいなものです」というと比較的受け入れやすかったです。

それは置いといて、

今日の停止した原因と思われるもの

普段のエラーは、対象おファイルを誰かが開いてたとか、ファイルがないとか、権限が変わってたとか、よくあるエラーかと思いますが、今日のエラーはずばり

ウイルス対策ソフト

かも知れない、という例でした。

SEPを使っているのですが、1週間に1度完全スキャンが行われるのですが、ちょうど今日大型のシナリオをテスト稼働させているタイミングで完全スキャンが始まりました。

するとどうでしょう。

CPU使用率が98%~100%となって動きがカクカクとする感じで、半フリーズ状態になりました。

半フリーズ状態

普段はサーバ側で見えないところで動いているのですが、今日はテストで見てたので状況が良くわかりましたね。

シナリオはたぶん動いているのですが端末はカクカクで動かないと、シナリオとのギャップが出て命令が効かなくなってエラーになる感じです。

OSの更新プログラムは夜中に落ちてきた感じだし、イベントログでも怪しいものはないし、ネットワークも正常だし、と思っていたところSEPのログを見たらちょうどバックグラウンドで動いていたという。

もしかしたら今までなぜ止まったかわからない事例は、SEPだった可能性もあるな、と。

今日は再現を試せなかったし、明日も忙しいし、休みに入るし、年明けは忘れているでしょうね。

仕事は忘れて年末年始を楽しもう!
スポンサーリンク
スポンサー