年末調整で住宅ローン控除を出来なかった場合の確定申告

本日、2019年度の確定申告に言ってきました。

今年はコロナウイルスの影響もあって期間が延長されたりしていますが、一応予定通り決められた日に(出張所みたいなところ)に行きましたので、参考までに公開します。

副業や不動産等でガンガン稼いでいる人には物足りない記事になってます。

スポンサーリンク
スポンサー

結局、使ったものはこれだけ

・銀行から送られてくるローンの残高証明書
・住宅借入金等特別控除申告書
・源泉徴収票
・銀行の通帳
・印鑑

銀行から送られてくるローンの残高証明書

1つ目は、毎年、銀行から送られてくるローンの残高証明書です。

年末調整でも使うのでおなじみの物ですね。

住宅借入金等特別控除申告書

2つ目は、年末調整のときに残高証明書から転記する用紙の「住宅借入金等特別控除申告書」です。これは最初に〇〇年度分って10枚綴りくらいで貰ったと思うのですが、詳しくは忘れました。

あるサイトでは、住宅借入金等特別控除申告書は必要ないと書かれていましたが、使われていたようです。

源泉徴収票

3つ目は、源泉徴収票で、給料と税金が記載されている紙で会社からもらえます。

確か幼稚園かどこかで収入の証明のときにも使いますかね。それです。

銀行の通帳

4つ目は、サイトには書いてなかったのですが、確定申告の意味的に考えて持っていきました。で使いました。

控除されるわけだから、戻ってくるお金があるじゃないですか。それって手渡しじゃないですよね。給料時に戻ってくるとも思えなかったので、口座振り込みかなと。

印鑑

5つ目もサイトには書いてありませんでした。が、書類の提出なので押印するだろうな、と。

その他

待ち時間があるので、本やスマホ。人が集まるのでマスク。あとは飲み物。

通常は年末調整で行います

住宅ローン控除(住宅借入金等特別控除)は、初年度は確定申告が必要ですが、2年目以降はサラリーマンであれば会社の年末調整で処理することが可能なので、自分でやったことがない方も多いかと思います。

ですが、私は今年、提出が間に合わなかったんです。。

年末調整は親会社関連会社でまとめてやってくれるようなのですが、締め切りがメッチャ早い。

さらに私は単身赴任なので書類が手元にない、と言うこともあっていつもギリギリか後から提出しています。

でも今年は、休日のタイミングが悪く間に合いませんでした。

確定申告の流れ@出張所みたいなところ

私の地域は、地域ごとに日時が決まっていたので、会社の休みを取って行ってきました。

入口にて。

受付「確定申告はこちらです。台風の被害関係の申告はありますか?」

私「いえ、ありません」

受付「では、こちらにどうぞ」

って感じです。

私の自宅がある千葉県は台風の被害があった地域のため、助成金などもあるので確認しているそうです。ちょっと手続きが違うのかな?

受付番号「134」の札をもらい部屋の中へ。適当な椅子に座って待ってます。

13時開始でしたが、13時半くらいについて15人くらいの待ちでした。

午前中で120人くらいってことですね。

書類を作ってくれる方は7人いました。

待つこと30分。

134番が呼ばれ席について女性の係りの方が担当してくれました。

まず、書類を全部提出しつつ、年末調整で出来なかったことを説明。

係りの方が書類を全部確認。

係りの方「はい大丈夫です。書類を作りますのでしばらくお待ちください。」

私:ぼ~っと。やることないので周りの話がよく聞こえてきますね。すぐ隣に座ってますからね。

15分くらい待つと書類が出来て、一緒に数字の確認を行います。

すべて確認したら、振込先を聞かれました。

あと電話番号も聞かれました。若い女性の方に電話番号を聞かれて戸惑いましたね。

私「 LINEですか? 携帯で良いですか?自宅ですか?」

書類がすべて確認できたら、押印して終わりです。

もうね、書類がそろっていればやることないので初めての方でもドキドキしなくて大丈夫ですよ。

電話番号聞かれてドキドキするくらい。

こんな感じで2019年度の確定申告は終わりました。

来年は副収入で確定申告したいですね。

スポンサーリンク
スポンサー